人気ブログランキング |

猫デンパ?

boijama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 16日

万葉集って結構面白い?

のかな? 先日、県立文学館に行きましたよ。「万葉の動植物たち」を目当てに。
「短歌を見ても正直ワカランから写真を・・・」ってノリだったのですが。
意外にも歌が面白かったっす。ちょっとプッと笑えたり。

万葉時代の歌の特色の一つに、生活のことをまんま歌うってのがあるそうで。

例えば・・・
                        
  ◆わが宿に盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも◆  大伴旅人
訳:ぼくの家の、梅の花がイッパイ咲いてるよっ もう散りそうなのだけど。誰か見てぇ~                    

・・・みたいな感じです。(ホントか?)
いや、まぁそんな感じ・・・です。と、思う。  大体まんまなのですよwww

更に、私のような超初心者にはとても楽しかったのが「土佐弁短歌
                        
寒いちや 今年の冬は ありえんき はよう ぬくう ならんろうか
訳:マジで寒すぎるっ 今年の冬はありえないっ 早く暖かくならないかなぁ~

                        
うまそうに 生えちゅうけんど いたどりは 他県の人は 見向きもせんと
飛訳:高知の人はイタドリをかなり好んで食べるのですよ。道端で皆ポキポキ採ってます                    

・・・等々、平安貴族調の絵柄に添えてあって、正直こっちのオマケコーナーの方で長いこと楽しみました(苦笑 文化水準の低さが見て取れますなっ!

ああ、勿論上記の「訳」「飛訳」はワタクシの独断と偏見のみで現代語訳化してみましたっ
だって、会場写真撮らせてくれなかったのですもの・・・ケチめ・・・!(?)

と、いうワケで「め」だったので「滅った」(めった)・・・土佐弁短歌調に。
a0035173_23593615.jpg

こんまい頃の 愛らしさ 何処へ行っつろぅ しょう滅ったちや◆ ソシラ氏の丸
訳:ちっさい時の 可愛らしさは一体ドコへ行ったのか・・・ホント困ってます ボク。
a0035173_00088.jpg

このように、文字通り舐めるようにして可愛がってたのにねぇ~気の毒に。ソっちゃん 涙
ラックス、ソシラに馬乗りになってガブリガブリ噛むのだもの・・・。ヒドイよ!

あぁ最後に。万葉集を愛してる人申し訳ありません。いや~、こんな位しか理解出来ませんでしたorz ニホンゴムズカシイネ!!!

by boijama | 2006-03-16 23:56 | 分けようがないの


<< バンドマン必見!(嘘)      路地裏は素敵(記事が消えてたら... >>